本文へスキップします。

  • 標準
  • 大きく
サイト内検索 検索

1 列車の運行管理


りんかい線では、安定かつ安全な列車運行のために、
  • 運行管理装置(PTC)
  • 列車集中制御装置(CTC)
  • 列車自動停止装置(ATS-P)

を設置し、列車監視の一元化、速度制限区間(曲線、ポイント)の速度オーバーを自動的に防止しています。

また、 自然災害に対する対策(運転規制) を行うことにより列車の安全運行に努めています。

運行管理装置(Programmed Traffic Control)

 運行管理装置(PTC)は、制御用コンピュータを中心に構成され、CTC中央装置などと連携を採っています。
 コンピュータに列車ダイヤを記憶させ、各駅の信号制御命令、駅の列車案内表示・放送等を自動的に行う装置です。

列車集中制御装置(Centralized Traffic Control)

 PTCのダイヤを基にりんかい線の列車位置などの運転情報を運輸指令室に集中表示するとともに、指令室から駅の信号機などを遠隔制御する装置です。

列車自動停止装置(ATS-P)

 列車自動停止装置は運転士が運転操作を誤ったとき、次のように自動的に動作します。

  1. 停止信号の手前で必ず停車させる。
  2. 制限箇所(曲線、ポイント)では必ず制限速度で走らせる。
    (新木場~大崎手前間の半径400メートル以下の曲線と全てのポイント)

図解:列車自動停止装置(ATS-P)の写真

 以上の機能は線路内に置かれた地上子から距離・制限情報を車両のアンテナで受け車両搭載のコンピュータで制御しています。
 さらに、車両搭載のコンピュータで走行線区の最高速度の速度超過も制御しています。

自然災害に対する対策(運転規制)

 りんかい線では、気象、天災により以下のような運転規制をすることで、安全を確保しています。

写真:気象・地震表示盤の写真
自然現象 測定値 運転方法 解除方法
地震 60ガル
(震度4)
時速の画像25km以下 添乗点検後
100ガル
(震度5以上)
運転中止 徒歩点検後
風速秒速の画像25メートルの画像以上の画像以上 時速の画像25km以下の画像以下 測定値以下
30分継続後
風速秒速の画像30メートルの画像以上の画像以上 運転中止

測定値は当社設置の測定器による

次のページ2 社員に対する教育・訓練