本文へスキップします。

  • 標準
  • 大きく
サイト内検索 検索

7 自然災害に対する備え

りんかい線では、万が一、大規模地震が発生した時に備え、高架区間の橋脚に耐震補強工事を施しました。
また、海抜0メートルの画像地帯での高潮災害に備え、一部の駅に防潮板、防水扉などの浸水対策を施してあります。

高架橋橋脚耐震補強

高架橋橋脚耐震補強の写真
 既存の高架橋の橋脚に厚い鉄板を巻いて、補強を行っています。阪神淡路大震災クラスの地震に対して倒壊しないようにしてあります。

防潮板

防潮板の写真
 台風等の大量の雨水や高潮により、地下駅に水が流れ込むのを防ぐため、各出入口に防潮板を備えています。防潮板を立てることで流れ込む水を堰き止めます。

防水扉

防水扉の写真
 防潮板を更に越える雨水等が発生した際に、地下駅に水が流れこむのを防ぐため、通路全体を塞ぐものです。これにより地下駅が浸水するのを防ぐことが出来ます。

風速計

風速計の写真
 りんかい線の高架区間では風速計が設置されています。
 風速が規定値以上に達すると列車の徐行や運転中止の措置が採られます。

電気融雪器

電気融雪器の写真
 冬に雪などでポイントが凍結し、ポイントが転換出来なくなるのを防ぐために備えられています。
 電気ヒーターでレールを暖めて雪を溶かします。

次のページ8 異常時総合防災訓練