本文へスキップします。

  • 標準
  • 大きく
サイト内検索 検索

4 線路に関する安全管理

 りんかい線ではお客様が安全にご利用していただけるよう、線路や架線を定期的に検査しています。
 徒歩による巡回のほか、電気・軌道検査測定車やレール探傷車などを利用した機械化も進めております。
 また急カーブでは、脱線を防ぐ為に「脱線防止ガード」を備え付けてあります。

電気・軌道検査測定車

電気・軌道検査測定車の写真
 りんかい線では年に2回、電気・軌道検査測定車による検査走行しています。
 終電後に新木場~大崎間を往復し、架線と線路に異常がないか調べています。

パンタグラフによる架線計測

パンタグラフによる架線計測の写真
 架線に異状がないか確認するのも大事な検査のひとつです。レーザーを架線(がせん)にあて減り具合などを調べます。また走行中のパンタグラフを見て異常がないか調べます。

架線(がせん)点検車

架線の写真
 電気・軌道検査測定車の他に、架線点検車(モーターカー)を用いた目視による点検を終電後に行っています。

レール探傷車

レール探傷車の写真
 年に1回、レール探傷車を使用し、目に見えないレールの傷やひびがないか、走行して調べます。

脱線防止ガード

脱線防止ガードの写真
 りんかい線では、列車が急カーブを通過する際に脱線するのを防ぐため、レールの内側に「脱線防止ガード」を取り付けています。

線路巡回検査

 徒歩による巡回検査も大切な検査の一つです。
 こうした地道な作業が、りんかい線の安全運行を支えています。

次のページ5 駅施設での安全対策